40代で大家さんになる

不動産物件選び~不動産所得を目指して~

いい物件を購入して、売って儲ける。というのは素人には、かなりハードルが高い。

そういった、おいしい物件が回ってこないから。

40代ともなれば、そんな物件が自分に回って来るわけがない事は理解できる(T_T)

中古戸建を購入して、大家さんを目指す

短期的に売買で利益を得る方法ではなく、賃貸業として長期的に利益を出すことに挑戦!!

とはいえ、いきなりフルローンでマンションやアパートの購入は失敗した場合のダメージがでかすぎる。

こんなギャンブルをするほど困っていないし、家族を路頭に迷わすわけにもいかない(^^;)

最小限のリスクで、業界のことをちゃんと学べる実践

・ローンを組まずに、手持ち資金でできる範囲(約600万)
・売買契約、保険、客付け、管理、リフォームの一連の流れを体験する

この二つを行うには、中古戸建物件で大家さんになる手法が、今の私にはピッタリ

物件を探す方法

まずは、ネットで物色

投資物件情報は、インターネットで調べる。掘り出しもの物件に出会う可能性は、極めて低い。

極めて低いが、ゼロではない。

時間と工夫、タイミングによっては、出てくることもあるらしい。

この情報を信じて、物件を探してみる。

具体的な方法は、案外かんたん

不動産投資物件のサイトで有名なのは、「楽待」や「健美屋」というサイト。

不動産投資がどういうものか、用語などを理解するにもいいサイト。

また、一般的な売買物件サイトも活用できる。この場合、検索方法が詳細に設定でき、

地域、価格、駅からの時間、間取りなど好みにアレンジできる。

設定しておけば、新着物件をメールで教えてくれるので、探す手間も大きく削減できた

めちゃくちゃ便利(^^)v

実施に不動産を見てみる

いい物件かどうか、、、みていても正直わからない(^^;)

いい物件かどうか自信はないけど、なんとなく心が躍る物件があれば、まずは資料請求をしてみた。

詳しい場所やインターネット上では表示されていなかった詳細場が出てきて、

再建築不可だけでなく、景観規制、ハザードマップなど、新しい用語が出てきたら、ググって調べる。

ここまでくると、だいぶん知識がついてきた気がする☆

資料請求すると、不動産屋さんからもメールや電話で連絡が入る。

資料請求を5~7軒ぐらいしたら、1軒ぐらいを実際に見てみたが、

不動産屋さんの営業さんが、どのように話をしてくるのか、も知れてよかった。

何かトラブルがあって気まずくなるのも嫌なので、第三希望の候補地で、まずは練習してみた。

何十件も物件を内覧して購入せずに、営業マンに嫌われても、いいように(^^;)

不動産物件の売買相場を知る

購入希望の不動産物件価格を調べる

これは、インターネットで検索していたら、表面的には理解できる。

ただ、実際に内覧すると、営業マンからの値引きの話が出たりもする。

これは、人気のエリアか、そうでないのか、開発傾向か過疎傾向かなど。

地域性によって違うと思うので、内覧し営業マンと話をしてみないと実際の相場はわからない気がする。

賃貸物件の売買価格を調べる

不動産購入し賃貸に出すことが目標の為、家賃の相場も調べておく。

いくらで購入し、いくらで貸し出すのかを事前に想定しないと、利回りの概算ができないので。

いくら安く購入できても、家賃収入も安ければ意味がないし、高い物件でも家賃が高く設定できるなら利回りは良くなる。

目標の物件購入価格と家賃は

手持ち資金は600万。

手数料やリフォーム代などを考えると、物件価格は最大で500万以内。

水回りなどリフォームが大きく必要な場合は500万でも厳しい。

よって、物件購入価格は450万円以下に設定

そうなると、家賃収入は月5万~5.5万円が見込めれば、利回りが10%程度になる。

さぁ、うまく見つかるのか(*^^)